スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とっさの持ち物

今日の出来事。

というわけで、お昼辺りにうちのマンションがちょっとした騒動でした。
30分以上ずっとサイレンと「火事です、落ち着いて非難してください」って
放送が延々と流れてて、ちょっと参りました。
サイレンの音ってなんであんなに肝に響く感じがするんですかね。

まぁ誤作動でよかったんですが、やっぱりサイレン鳴るとビビります。
うちは二階ですぐ逃げられるので、とりあえず廊下の方に出てみたんですよ。
気のせいだったんですが、ちょっと異臭がするかも、
などと思い、とっさに荷物まとめて外に出てみました。
カバンに突っ込んだのは通帳・印鑑・パスポート・パソコン・お財布とか。
ちなみに管理人室の前に住人のみなさんが集まって事情聞いてたんですが、
荷物持ってる人はほぼいませんでした。マジかと思った。

そのときたまたま部屋に一人で、何を持ち出せば良いのか考えてるとき、
ちょっとパニくりそうになりました。
うちは夫婦揃ってオタクなので、物に対する執着が強い方だと思います。
一番縁が無い言葉は「ミニマリスト」かもしれません。
本当に困ったら私は小説のデータが入ったUSBメモリだけ持ち出すと思うんだけど、
時間的余裕があって何か持ち出せるってなったら何を持ち出せばいいんだろう。
通帳とかパソコンはまぁいいと思うけど、思い出の品的な物とか。
持ち出さなかったもの=燃えてなくなっちゃうかもしれないもの、
なんて考えたらひえぇってなります。
楽器とかアルバムとか中学生のときに書いた小説の紙の束とかとかとかとか。
津波で家が流されたとか、ほんとそういうの想像しただけでも怖い。

なんて3.11のときのことを思い出したのですが、あの日、私は会社にいて、
会社から一人暮らししてる自宅マンションまで徒歩1時間くらいだったんですね。
同期の女の子が帰宅困難者になってしまったので、うちに泊めることに。
そのとき、その子に「家のパソコン心配なんじゃない? 小説とか」と言われ、
「大丈夫、USBメモリ常に持ち歩いてるから!」と答えたのを思い出しました。
あの頃はクラウドサービスってそこまで普及してなかった気がします。
あの頃の習慣が抜けず、オンラインにもデータを保存しつつ、
USBメモリにもデータ保存して基本的に持ち歩くようにしてます。手元にある安心感。
小説データが全消失とかしたら多分立ち直れないですからね。
人に見せられないレベルのものもたくさんあるけど18年分だし。
バックアップ大事。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。