スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三浦しをん「舟を編む」感想

ちょっとブームには遅れましたが、
本屋大賞で話題になった「舟を編む」を読みました。

何気に紙で買ってあったんですが、
ずっと積ん読しててようやく。

一章ずつ語り手の視点が変わるので
細切れで読みやすかったこともあり、章ごとに何日か掛けて読破。
とはいえ読んでたのは四日くらいですかね。
よくよく考えてみると三浦しをんさんの作品読むのは初めてでした。
辞書の話というわけで硬いのかなと思いきや、
思いのほか読みやすかったです。

辞書ってどうやって作ってるのかなーって
前々から思ってはいたのですが、
ものすごく時間と労力がかかる作業で、
しかも紙とかにもこだわりあって、
単純に知らない世界が知れたおもしろさがありました。
紙の本を作るためにかかる工程や労力みたいなものも、
最近電子寄りだったこともあり、あんまり意識してなかったなと。
この本は紙で読んで良かったなぁと思いました。
段組とかフォントとかインクの話も出てくるんですが、
こういう部署の人は電子辞書はどう思ってるのかなぁ。

あとは人間模様とかも単純にすごく面白くて、
チームで仕事をやることとかも考えさせられたりも。
登場人物が個性的なのに実際にいそうなのがニクイ。
言葉にこだわりがある登場人物が多いので、
言葉について考えているモノローグが結構あって、
言葉とはみたいなことを改めて考えさせられたりもしました。
最後の方はなかなか泣かせる感じで、
基本的に涙腺緩いんで電車の中でぐずぐずしかかりました。

というわけで読後の満足度が高い一冊でした。
そういえば、最近エッセイとか神話とか読んでて、
小説読んだのちょっと久々だったかも。気軽に読めてよかったです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。