スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フィンランドに行ってきた5 ~スオメンリンナ要塞

フィンランド旅行記再開です。
今回は9/3に行った、世界遺産のスオンメリンナ要塞。

ヘルシンキ中央駅から徒歩圏内の、
マーケット広場からフェリーで15分くらいの島です。
島はこんな感じで、島全体が要塞になっています。
DSCF1736.jpg DSCF1782.jpg

かつてはロシアに占領されていたり、
収容所として使われていた歴史があるそうです。
観光名所として有名ですが、今なお数千人の島民がいるそうで、
島内には学校もあるんだとか。児童公園なんかも見かけました。

島の中をじっくり全周すると丸1日かかってしまうので、
パンフレットで紹介されていたメインルートを回ることに。
さっそく現われたのは教会。夏しか開いてないようで中は見られず。
DSCF1713.jpg
さくさく進んで行って、
DSCF1721_20150910112742b43.jpg

橋を渡ると、いよいよメインの砲台エリアへ。
DSCF1756_20150910112756195.jpg
今回の旅行、なんだかやたらめったら砲台見てます。
こういう砲台があちこちにどーんどーんとあるわけです。

海岸線を見下ろすとこんな感じ。
DSCF1760.jpg
岩の感じとかがすごくムーミンに出てくる感じっぽい、とか
思ったのは私だけでしょうか。岩質的にはどうなんでしょう。

その後も要塞の中をうろうろ。
DSCF1768.jpg DSCF1774.jpg
雨に降られてレインコートが手放せませんでしたが満喫。

観光センターで雨宿りをしてから、島内にあるおもちゃ博物館へ。
DSCF1785.jpg
アンティークドールなどのコレクションが展示されています。
入館料はヘルシンキカードの提示で割引価格の3ユーロ。
こぢんまりした館内には、ショーケースいっぱいのアンティークドール。
日本語のガイドを眺めつつ奥に進むと、お目当てのものが。
DSCF1791.jpg
というわけで、ムーミンのアンティークドール。
ちなみにこのドール、切手の柄にもなってました。
これが当時大々的に売られていたものなのか、手作りのものなのかは不明。
ムーミンが愛されてきた歴史の長さは感じられる。

そんな感じで、三時間半ほどのスオメンリンナ観光でした。
気温と天候のせいで海の色が日本海のようだったんですが、
夏のものすごく天気がいい日だと真っ青になるんだろうなぁ。

そういえば今気づいたんですが、「スオメンリンナ」って名前、
「リンナ」がハメーンリンナと同じ、城を意味する「リンナ」なら、
スオミ Suomi(=フィンランド)の城って意味なんでしょうか。
興味深い。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
01 | 2017/03 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。