スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新世界 1st

添削課題をすべて出し終わりました!
ということで少々すっきりしたし、風邪もよくなってきたので
読書に励みました。

新世界〈1st〉新世界〈1st〉
(1996/06)
長野 まゆみ

商品詳細を見る


高校時代に読んで面白かったので古本で全5巻揃え、
自宅に置いておいたものです。
再読するの高校時代ぶりかと思って読書記録見たら、
2005年に再読してましたね。ということで読むのは3回目ですが、
6年ぶりに読みだしてみました新世界シリーズ。

長野まゆみ大好きなんですが、一番好きなのはテレヴィジョン・シティなんですが、
でもこのシリーズも面白いですね。久々にテンション上がっちゃったよ。
どんな話かと言われると全然説明できないんですけどね。
私の読解力が著しく低いのでないならば、

注意深く読んでいても、話の筋は40%くらいしかよくわからない

おおよそはわかるんだけど、詳細は一番最後の説明を読むまでわからない。
まぁ、1巻は何も知らないイオ視点なので、そこはしょうがないところではあるけど。
でも何もわからなくても、すごく情景が綺麗で、とんでもなく切ない。
なんだかよくわからないけど種族の争いがあって、それに巻きこまれていく。
長野作品って、どれ読んでもぼやっともやに包まれているようで、
でもなんか切ないというかノスタルジックで、それでいて文章がとんでもなく綺麗で
ついついひきこまれちゃうという。
どうやってプロット作ってるのか見てみたい……

と、あらすじすら紹介できないので、Amazonの本の紹介を引用↓
---------------
兄さん、ぼくはいつから独りなんだろう。
太陽(ソル)から2億3千万キロ離れた夏星(シアシン)。
謎の物質“ゼル”をめぐる闘いのなか、“永い眼り人”はふたたび目醒めるか。
待望の巨篇・第一部。
---------------

これ、本についてる帯と同じ文言なのですが。
最初の1行にすべてが集約されている。
1巻の読みどころは、主人公イオとその兄であるシュイの関係。
イオの周囲に現れるハルやミーモといった少年たちによって、
イオは無自覚な自分を自覚していき、同時にシュイがわからなくなっていく。
でもって1巻の最後では、イオのシェルがシュイを……ってところで物語は続く。

内容うろ覚えなんですが、確か毎巻で視点が変わったような。
2巻は帯見る限りシュイ視点なのかな。←再々読とは思えない…

これ読み終わったら、テレヴィジョン・シティも再読しようかなぁ。
こっちはもう4回くらい読んでる気もするけど。

長野まゆみの「新世界」「テレヴィジョン・シティ」お勧めです。
テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)テレヴィジョン・シティ〈上〉 (河出文庫文芸コレクション)
(1996/07)
長野 まゆみ

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。