スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悪の経典

ずっと読もうと思ってた↓を読みました。
悪の教典悪の教典
(2011/11)
貴志 祐介

商品詳細を見る


分厚くて読むのに時間掛りそうだなと思っていたけど、睡眠時間を​削って後半は一気に読んでしまった。
こんなに夢中で読んだ本はバトロワ以来だから、まぁ自分には合ってたんだろう。
以下、感想。読書メーターにアップしたら文字数オーバーしてしまった。
※以降ネタバレ注意




-----------
第一章ではあくまでさわやかながら、
カラスを登場させることで不​穏な雰囲気をにおわせるといった手法はお見事。
徐々に徐々に蓮実​の行動がエスカレートし、最後はまさかの、
津山三十人事件を優に​超える戦後最大規模の大量殺人。
前評判を一切見ていなかったのでまさかの展開。
そこに至るまでの数々の犯行の動​機が安直なだけに、
大量殺人という結論に至っても蓮実の異常性で​不自然さをある程度カバーできている。

個人的に読み応えがあるのは、エリ​ート教師の仮面に隠された蓮実の実態が
徐々に明らかになる前半部​分だと思う。

後半はバトロワ式の進行ではあるものの、作者の徹底したご都合主​義の排除が窺える。
蓼沼とか、後半で活躍するのかと思いきや前半​にドロップアウトとか、
うそぉと思いつつその分現実味があった。
バトロワでいったら、三村か杉村ポジションだと思ったのになぁ。。。
​こんなに現実甘くないんだぞと。
現実の非情さみたいなものをさん​ざん見せつけ、
その上で勧善懲罰とはいたらなそうな読後感の悪さ​はホラーだ。


心を打つ作品ではないが、サイコパスというのは実際こういうもん​なのかもしれないと
思わせられた部分は本当にホラーで圧巻。
ちな​みにこれだけの大量殺人で犯人が自殺していない例は日本ではない気がする​ので、
裁判でどんな判決になるかは知りたいところ。
-----------


貴志作品にはずれなしとはいいますが、この作品は売れてるけど賛否両論あるみたいですね。
そのうち↓も読みたいです。
新世界より 上新世界より 上
(2008/01/24)
貴志 祐介

商品詳細を見る

テーマ : 読書感想
ジャンル : 本・雑誌

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。