スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「文章の見た目を良くする技術」連載第4回「用語の統一」

7月に始めた隔週連載も早いもので第4回となりました!
今回は「用語の統一」ということで、カタカナ語の統一観点などをご紹介。

「その言葉で大丈夫か?」文章作成時に注意したい用語の統一/テクニカルライターが教える、文章の見た目を良くする技術

カタカナ語って意外と不統一になりがちでかつ目立ちやすいんで、
こういう観点で見直してみたらどうでしょう?という記事になります。
「きんどう」さん、いつもありがとうございます!
まぁ、英語だとか多言語の言葉を、
無理矢理五十音のカタカナ語に当てはめようってんだから、
そりゃ表記にもヴァリエーションでちゃいますよねぇ。
そもそも日本語って母音の数が少ないわけだから、
外国語を表記するのにそもそも無理が生じている気がする。

ちょっと前に日本に留学中の国際交流会で
フランス人の人と喋ったんですが(※もち日本語で)、
カタカナは読めるようになったみたいなことを言ってました。
が、カタカナは読めるだけで意味を掴むのはまた別の話なんだろうなぁ。
そのまま読んでも、元の言語と発音とかい離しまくりだし。

ちなみに私が小説を書いていていつも迷うのは、
「サンドウィッチ」です。
一応自分基準があるはあるんですが、
サンドウィッチだけはついつい不統一になりがちなんだよなぁ。うぬ。
人によって頻出用語は絶対違うはずなので、そういうのの統計とか見たら面白そうだ。

それにしても、漢字とひらがなとカタカナっていう三種類を使い分けてる日本語って、
ほんと難しい言語だと思います。

と、コラム記事を書くたびに、必ず一度は
「日本語難しーんだよコノヤロー」みたいなテンションになるのでした。
次回の記事作成もがんばります。
というか一応作ってはあったんですが、
ちょっと思うところがあるので多分全面改稿する。

今回カタカナだったんで次回は漢字とひらがなの話をする予定なんですが、
なんか何を書いても荒れそうな気配しかしないなぁ……。


PS.
もうすぐ「よもやまクラブと最後の番人(上)」が無料になります!
どうぞよろしくお願いします♪

よもやまクラブと最後の番人(上)よもやまクラブと最後の番人(上)
(2013/08/30)
晴海まどか

商品詳細を見る

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。