スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

推敲のしかた

今週ブログ全然書けてないー。
演奏会があったりして憑かれてたり忙しかったのもあるけど、
なんか精神的に余裕がなかった。
推敲が終わらなすぎて

とはいえ、昨日までの三日間でカフェ通いをしたかいもあり、
最低限やらないといけない奴は光が見えてきた気がする。
光が見えてきただけで終わりじゃないんだけど。
今週はあまり予定がないのでがんばろう。
……とか思ったけど、そういや木曜日にライブがあった。
明日も千葉で練習だし。
うぬ。

推敲ネタということで、自分の推敲の仕方でも書いてみる。
ちなみに執筆環境はWord2007です。

1. 原稿が書き上がる(脱稿)
2. PC画面上で推敲・修正(推敲1)
3. 紙に印刷(縮小印刷で1枚に2ページ分印刷)して推敲(推敲2)
4. データ修正(この際、修正箇所には黄色のハイライトを設定)
   #大体この段階で用語の統一も見直す。表記ゆれチェック機能使ったりとか。
5. PC画面上で黄色ハイライトの個所を中心に見直し
6. PC画面上で全体的に読みなおし・修正(推敲3)
7. 紙に印刷(縮小なしの100%印刷)して推敲(推敲4)
8. 手順5・6を繰り返す。(推敲5)
9. MOBI変換してKindle上で読んでみる(推敲6)
10. 手順4・5を繰り返す。
→完成!

ちなみに上記は最短ルートを取った場合で、
時間があれば手順4.~10を2~3セット繰り返します。
こうやって書いてみると、最低でも原稿を6回読みなおしてるってことですかね。
これが多いか少ないかはわからないですけど。
なお、推敲1とか2は結構大幅な加筆修正することもあります。
あとは、少し時間を置いて手順7以降をやってみて、
気に入らなくて書きなおし→手順1に戻る、みたいなこともあるし。

何にしても、書くのは速くても読むのは人並みなので
推敲には無茶苦茶時間がかかります。
まぁ、マニュアルを書いていたときも書くよりもチェックの方が大変だったので、
こんなもんなのかもしれんなぁ。

テーマ : 物書きのひとりごと
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。