スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プロットなしで小説を書けるか模索中

私は長編の場合はいつも、プロットを詳細に作ってから書きます。
のですが、なんか色々と山も過ぎたし新しいことをやってみようと
いうわけで、現在はこんな感じ↓で新作を書いてます。

・物語の始まりと終着点だけ決める
・中間部分はプロットなし
・キャラクター設定だけは作り込む

正確にはプロットなしとは言えないけど、いつもに比べたらものすごく少ない。
現在終盤に差し掛かったところ。
やってみての感想としては、

・話がどこに行くか判らなくて不安
・章ごとの分量調整ができない
・展開を考えながらになるので執筆ペースが下がる
・先の展開を考えてないので遊びが生まれやすい

最後はメリットですね。ストーリー展開をきっちり決めるので、
わりと話を急いてしまいがちなのは自覚があるので、これはやっていてふむふむ。
残りは単純に慣れてないからな気もする。

プロットってみなさんどれくらい作るんですかね。
結構プロット作らないって意見を耳にします。
ちょっと前に、西尾維新さんは一日に2万字書くって記事がありましたね。
プロットあれば全然いけるけど、なしだと厳しいなぁ。
(西尾維新さんはプロット作らないらしい)

プロットの話ついでで、自分のプロット晒してみようかという気になった。
「よもやまクラブと最後の番人」のプロットです。
(微妙に完成版とは設定違う部分がある気がしますが)
よもクラプロット
Story Editor使ってます。テキストファイルを階層表示できるので便利。
基本的に大項目「Story」「Keyword」「Charactor」の三つを立てています。
表示されてるのは主人公のプロフィール。
登場人物は基本的に名前をつけないでA、B、Cなどの状態でStoryを作ってます。
で、一番最後に名前をつけて完成、ってパターンが多いです。
(キャラの名前がキーの場合は必ずしもそうじゃないですけど)
ちなみに、このほかにエクセルファイルで学校の地図とかも作ってます。

ってな感じで自分のプロット見つつ。
やっぱりプロットある方法に慣れてるんだよなぁ。安心感が違う。
短編は詳細プロットなしで書くことの方が多いので、
そっちで訓練するのはありかな。
とはいえ自分の方法を限定したくはないので、
今後も色々模索していきたいなぁと思いました。

そういえば、「ヒマワリの約束」でコラボした関係で、
十千さんの「じゃんけんしようよ」のプロットというか
設定資料は拝見したことがあります。
やっぱり作り方とか全然違いますよね。キャラ設定にイラストがあったのが印象的。
絵師さんとの連携っぷりがすごいなぁ。
あらすじの文量がとにかく多かったのを覚えているw

というわけで、プロット談義待ってますw



99円セールあと1日。
エス・エス・エス

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。