スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなで1冊の本を出すということ

9月冒頭に出すべく、わーくしょっぷシリーズの
校正・編集作業などなどをしております。
現在全員の校正が完了、校了2人です。
だいぶいいペースですね。

わーくしょっぷは、去年の3月、KDPを始めてすぐに、
なんか面白いことできそうだぞ、という思いつきで企画したものです。
5人分の作品(原稿用紙50枚制限)を集めたアンソロジー短編集になります。
あの頃は「新宿シェパード」を出した直後で月でやっと6冊売れました、
くらいのときだったので、今考えるとよくそんなこと思いついたなという感じ。
3月末期限で参加者募って、5月末期限で原稿送ってもらって、7月に発売。
それから打ち上げして、参加者のみんなが次もやりたいと言ってくれたこともあり、
今年2月には第二弾だして、もうすぐ第三弾というわけです。
 

まぁなんでこんな思い出話混じりの話をしたのかというと、
今日倉下さんのブログを読んでいて、

R-style:作品を出すこと・作品を評価すること

わーくしょっぷはそういった意味でもいい場になってるなぁと思ったのでした。

感想がモチベーションになるっていうのはほんとそうなんですよね。
で、わーくしょっぷの場合ですね、五人で書いてるので、
少なくとも四人分の感想はもらえるんですよ。
でもって、あそこがよかったここが改善の余地ありなんて話もできるじゃないですか。
出すだけで楽しいとはこのことだよなぁ。

でもって、倉下さんの記事にもありますが、感想があれば批判もあるわけですが、
それについても仲間うちで消化できるんですよね。
こういう風に言われた → ここは一理あるけどこういう風にも取れるよ、とか。
自分一人で出してて批判されるとやっぱへこむことあると思うんですが、
五人いればマイナスがあってもプラス方向にカバーできる部分がだいぶある気がします。

というわけで何が言いたいかなんですが。
小説は一人で書くものだけど、
たまにわいわいみんなで作るとすごく楽しいなぁと改めて思ったのでした。
こういうことが気軽にできるのが同人であり個人出版でありのよさですよね。
舟崎さんと「W・キャスト」作ったのもすごく面白かったし楽しかったですよ。
あ、舟崎さんといえばです。学研の本にしたい大賞で大賞受賞されたんですよ!
おめでたいですね!実は群雛最新号でフライング発表されてるんですけども。
最近周りがにぎやかしいですね。自分もがんばります。
 
楽しく作ってるわーくしょっぷ、どうぞ三巻もよろしくお願いします。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。