スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小花美穂『Deep Clear―「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」 』感想

最近読んだマンガです。
『Deep Clear―「Honey Bitter」×「こどものおもちゃ」 』


私が中学時代にりぼんで連載していた「こどものおもちゃ」の
主人公・サナちゃんが25歳になってて、
現在クッキーで連載中の「Honey Bitter」の主人公シュリさんと
絡むというお話です。小花先生のデビュー20周年企画の本だそう。

実はこの本、ずっと読みたいなと思ってたんですが、
「Honey Bitter」を電書で読んでたこともあり、電子化待ってたんですよ。
が、どうも電子化される気配がないので紙で買ってしまいました。
納得。愛蔵版っぽい装丁になってて、多分これは電子化されない感じなんですな。
厚さは普通の文庫の半分くらいで大判、紙質もすごくいい感じで
中にもカラーページありという感じです。

物語はサナちゃんとレイくんがシュリさんのオフィスに
依頼を持ちかけてくるところから。
そしてサナちゃんに内緒でレイくんが別件の依頼も。
それは羽山の浮気調査で……といった感じです。
自分の出産で母親を亡くしている羽山のトラウマとか、そういうのもありつつのお話で、
こどちゃの世界を色々と懐かしく思い出しました。
小花先生、確かお子様生んでらっしゃるんですよね。
そういう体験がものすごく反映されてるんじゃないかなー。

ちなみに、シュリさんは人の心が読めるんですが、
サナちゃんの心のポジティブっぷりがすごかったです。
読んでるこっちまで元気づけられるくらいポジティブ。
でもって、羽山のサナちゃんへの強い想いが見て取れるシーンもあったりして、
いやはやなんかもう感動しました。紙で買ってよかった。読み返しやすい。

というわけで、大人になったサナちゃんや羽山が見れてものすっごく満足だし、
Honey Bitterの世界観もありで楽しめた一冊でした。
こどちゃ・Honey Bitterを読んでいる大人女子にオススメです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。