スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

怪談を読んでみた

小説のための資料集めついでに、
最近怪談を読んでみました。
 

よくよく考えたら、日本の怪談って薄らぼんやりは知ってましたが、
詳しくは知らなかったんですよね。
実際問題、読むまで四谷怪談と皿屋敷がごっちゃになってました。
四谷怪談がお岩さんで、皿屋敷がお菊さんの「一枚、二枚……」ですね。

角川書店の方の奴が現代語訳なんですが、
四谷怪談はそっちが東海道版、
青空文庫の方が実録版だそうです。
話の展開が違うんですね。
東海道四谷怪談の方だと、お岩さんは薬のせいで顔が醜くなっちまいます。
後者の方だと、お岩さんははじめから顔が醜いんですね。知らんかった。

あと、皿屋敷も興味深かったです。お菊さんが出てくるのって結構最後の方で、
前半はお菊さんの両親の話とか周辺の人の話が中心なんですね。

で、まぁ読んでみた感想なんですが。
自分があんまり詳しくないんで江戸時代の話とかみんなこんな感じなのかもですが、
日本の怪談って、基本は男女の愛憎劇で、
都合が悪くなったらすぐに斬る→怨念発生→仇討ち、
みたいな感じなんですね。死ぬわ死ぬわ死体のバーゲンセール状態。
でもって横恋慕多いな!あちこちで昼ドラ展開!

という感じで、普段読まないので普通に読みものとしても興味深かったです。
で、普段児童書に近いものばっかり読んでるもんで、
小難しい言い回しとかあると結構頭が理解するの苦しくて、
これもしかしたら英語の方が読めるんじゃないかなとか思った。
日本の古典を英語に訳したものって、
意外と原典読むよりは難易度低い気がするんですよね。
怪談ものも英語の本いっぱい出てますね。
怪談って英語だと「Kwaidan」って表記するんすね。
  
青空文庫的なのもありますね。DLしてみよう。
でもって↑の2冊目のやつとか、紙は1000円以上しますがKindle版安いですね。
洋書だとKindle版との価格落差が激しいのとか、結構あったりするんだろうか……。


予約販売中ー。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

『怪談文芸ハンドブック』(幽BOOKS/東雅夫)が怪談のガイドではオススメなのですが、この東雅夫氏でアマゾン検索しますと、怪談えほんやおばけずきなど、ええー怪談ってこんなのあるのってくらいにぞろぞろ出てきますよ。
Kindle版は少ないですけども、もしよろしければぜひ。

Re: No title

情報ありがとうございますー。
『怪談文芸ハンドブック』、探してみますー^^
怪談えほんとかも面白そうですね。
プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。