スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉は進化する

昨日おとといに引き続きで、
この本↓を読んで考えたことシリーズ。

今回は言葉の進化について。

この本では、例えばラ抜き言葉ははじめは受け入れられて
こなかったが、そのうち許容にする風潮になっていった、
といったような言葉の進化についても書かれています。
古来から言葉は進化するもので、
そういった意味では若者言葉にどれだけ目くじらを立てるかは難しいとも。

という話を読んで、「Frindle」という洋書の児童書を思い出しました。

有名な作品だそうです。日本語版もあります。

ちなみに英語はそんなに難しくないので、もし読むなら原書もいいですよ。

で、この「Frindle」なんですが、まさに言葉の進化をテーマにしたお話なのですね。
(※ここから先、ネタバレがあります)

ある男の子が、ペンのことを「pen」ではなく、「Frindle」と呼ぼうと提案します。
で、それを面白がった友人たちは「Frindle」という単語を使い始めます。
学校の先生はもちろんそれを止めようとするんですが、
Frindleはやがて学校を飛び出し街にまで広がり、
新聞にまで取り上げられてすっかり定着していきます。
そして最終的には、辞書に「Frindle」が「pen」と同じ意味の単語として載るんですね。

言葉というのは、使って広まって認知されれば勝ちなんですね。
民主主義です。
冒頭に書いたら抜き言葉なんかも、最初は誤用として認知されていた
と思うんですが、使う人が増えてきて許容になったってことなんですよね。
私はレ足す言葉は嫌いですし、これは今は誤用として認知されてるはずですが、
もしかしたらそのうち許容にされてしまうかもしれません。

面白いような怖いようなです。

言葉というのはそういうものなんだと改めて思い知った気がしました。
と同時に、やっぱり気持ち悪い使い方はあまり広がって欲しくないなぁ
とも思いました。
そういった意味も込め、言葉に神経を配っていくのって大事だなと思います。

うーん、色々考えさせられる本でした。
「カネを積まれても使いたくない日本語」、ぜひ読んでみてください。



いよいよ明日発売ですというか、
予約してるともう今夜の24:00にはDL開始されるのかな?
どんな風になるのか色々楽しみであります。よろしくお願いしますー。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。