スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

森絵都「クラスメイツ〈前期/後期〉」感想

最近読んだ、森絵都さんのこちらの作品の感想。

 
個人的には電書で読みたかったんだけどなかったので紙で購入。

お話はと言うと、24人のクラスメイト一人ずつの短編で、

上下間通してとあるクラスの1年間を描いていきます。
大きな事件とか何もなくて、本当にクラスの1年間を描いてる感じです。

〈前期〉ではわりと作品自体がバラバラした印象で、
どこにでもいそうな中学生の日常とか心の揺れとか
そういうのを描いたオムニバスなのかなーと思ってたんですが。
〈後期〉に入ったらところがどっこいで、
〈前期〉で散りばめられていた伏線が次々に回収されて、
最終的には一つの完成したお話になっててとにかく構成にびっくりしました。
でも一人ずつのお話なのですよ。そこにただただ感嘆。

でもって、24人みんなどこにでもいそうなのにすごくキャラが立ってて、
24人もいるのに最後にはなんとなく誰が誰だかわかってるんですよね。
全員がすごく仲良しってわけじゃないけど、クラスが段々まとまってくる
過程がじわじわしみてくる感じです。
これは〈前期〉〈後期〉、一気に読むのがオススメ。

ちなみにお気に入りの話は、
〈前期〉のハセカン・吉田くんの話と、
〈後期〉の田町・近藤・楓雅の話です。
中学生ならではの煩悩の話と、友情ものに弱い自分。

それにしても、森絵都さんの作品を初めて読んだのって、
実は高校の図書館でなんですよね。
「DIVE」とか夢中で読んだ記憶があります。
多分自分が初めて触れたYA作品の一つじゃないかと思うんですよね。
森絵都さんの出ている本はほとんど読破してるはず。
あれから15年くらい経ってるわけですが、
かわらず作品を世に送り続けててほんとすごいなぁ。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。