スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

加藤重弘「日本人も悩む日本語」 感想

ちょっと前に、神楽坂にオープンした
かもめブックスさんに行ったときに買った本です。



文章を書いているとどうしても意識下になかった誤用に
ぶつかることがあるんですが、そういうのを考えさせられる本です。

誤用=ダメ、って考えになりがちなんですが、
そもそも何をもって誤用とするのか、を考えさせられる本です。
現在は正しい用法とされている表現でも、かつては誤用となっていた
時代がある言葉というのは非常に多いものです。
広まってしまった誤用は時代と共に正しいものになっていきます。

とまぁ、そんなことを考えるいいきっかけになった1冊です。
もちろん、世間で言われている誤用の例も満載です。
ここはあえて、その誤用の例ではなく、誤用とはを考えさせられた
内容をちょっと引用します。

勢力を拡大しつつある多数派が「誤用して」おり、どんどん縮小している圧倒的少数派が「正しい」ということになるのなら、「誤用」とはいったい何かと首をかしげたくなってくる。


ことばの保守化は三十代から始まる。


つまるところ、表記や用字の問題は、文章を書くときに生じる問題を最小限に留めるような、実用的なシステムになっていればよい、というのが基本的な考え方である。


長いスパンで変化していることばの場合、すっきり解決できないケースも多い。変蛮をふるって白黒をつけてしまうと、勇断とは言えず、単に野蛮なだけと思われかねない。



この本の最後の章タイトルにもなってますが、
最後は自分の頭で考えて正誤を判断するしかないのだな、と思いました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。