スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大きな本屋さんに行ってみたけど何を買っていいのかわからなかった話

今日は旦那が行きたいというので、片道一時間ちょっとかけて
都内某所にある大型書店に行ってきました。
むちゃくちゃ広かったです。

せっかく本屋に行くし、何か資料になりそうな本が
あったら買おうかなーと思ってました。

→2時間近く店内をうろついた結果。
何を買っていいのかわからなくなり、
最終的にはAmazonのほしいものリストに入れていた本で、
かつKindle版が出ていないものを中心に検索して買いました。
せっかく往復2時間もかけて行ったのになんでこんなことに。

大きな本屋さんで、売り場面積はかなりあったんですよ。
品揃えも広い感じです。客層はファミリーが多めな印象で、
それを反映してか絵本・児童書コーナーはかなり充実してました。
なんですが、うろうろすればするほど、何から手にしていいのかわからない状態に。
POPとか何にもなかったんですよね。
本を手に取るためのきっかけになる情報が圧倒的に不足してる感が。
まぁあとはわりと見たかった海外小説やハヤカワSF文庫の棚が狭かったっていう
事情もあるにはあったんですけども。

あとここ数年は紙の本は楽天ブックスで、電書はKindleやKoboで買うことが
多かったんですが、買うときって、
内容紹介とか意外と参考にしてるんだなと思いました。
背表紙を見て手にとって、パラパラしても内容がよくわからない本って
意外と多いんですよね。
そうするとお小遣い制を採用している身としてはカゴに入れるまでに行きにくい。

それと、やっぱり電書化されている本は電書でいいかなって意識も働いちゃいました。
私の場合、マンガは結構読み返すんですが、小説はよほど気に入った作品じゃないと
あんまり読み返すことないです。というわけで小説の所有欲が実はすごく低かったり。

そんなこんなで、前々から買おうと思ってた本とか、
電子化されてない本とか、紙の方がキレイそうな本を中心に買いました。
   
フィンランドのデザイン本はその場でパラパラしてきれいだったので。
こういうデザイン系の写真とかがきれいな本は紙であると嬉しい。

ちなみに、キャラグッズを買うためにヴィレッジバンガードに私はよく行きますが、
ヴィレバンの本コーナーのPOPはいいですよね。手に取りたくなります。
近所の図書館のことを思い出しても、私が入り浸っているYAコーナーには、
司書さんのオススメ本コーナーとかピックアップコーナーとかがたくさんあります。
本屋さんなら、ああいう付加情報があると嬉しいなぁと思いました。
この本が欲しいと思って決め打ちで買うなら、
楽天ブックスの方がポイントもつくし届くし便利。

というようなことを思ったりしたのでした。
電子書籍を出してる身としては、内容紹介大事だなと改めて思ったってところですね。

ちなみに電車に二時間近く乗っていたので、いい読書タイムにはなりました。
昨日借りた「ダレン・シャン」ももうすぐ読み終わりそうです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。