スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「月刊群雛」2015年05月号参加します~関西弁 #群雛

参加者確定記事が出たので。

『月刊群雛』2015年05月号参加者確定! ただいま制作進行中・発売日は4月28日です

03月号で第1話を掲載した「ギソウクラブ」の第2話で参加します。
03月号はこちらからどうぞ!


「ギソウクラブ」は連載ですが、
1話ずつで語り手が変わる連作形式です。
第2話の主人公は関西弁を話します。

実は原稿提出時は会話は関西弁、地の文は標準語で書いてたんですが、
最終的に地の文もぜんぶ関西弁に書き直しました。

関西弁といえば「名探偵コナン」の服部くんですね!
基本的に服部くんを脳内発動させて書いてます。


なんですが、第1話校正時に色々赤をもらったりもしたので、
オススメされたマンガなど読んでみました。

大阪の小学生のお話。主人公は関東からの転校生。
「めばちこ」ってものもらいのことだって私も5年前くらいに知りました。
このマンガだと思ったよりもなまってないんだなという印象。


こっちは女子中学生のコメディ。
大阪弁なのはともかく、身振り手振りが大きいなぁという印象。
こんなに手足動かしてしゃべったことないっす。ノリが違う。

ちなみにこれ読み終わってから気づいたんですが、
剣持ちよさんって、昔サンデーで連載してた方なんですよね。

昔から絵はかわいいなーと思ってましたが、
作風が全然違うのでびっくり。

あと電子書籍限定で配信されてた「進撃の巨人 関西弁版」も
読んだんですが、こちらはもう配信終わってますね。
色んな方言が入り交じっているという話もありましたが、
こっちは関東人にはわかりやすいコッテコテな感じのものでした。

何はともあれ、生まれも育ちも在住も関東なので、
関西弁、ほんと区別つかないんですよね。
ここまで「関西弁」とざっくり書いてますが、
神戸、大阪、京都とこれまた全然違いますし、大阪弁も地方で違うらしいですし。
関東から見ればまとめて関西弁なんですが、いざそっちに住んでたら
ひとまとめにするなよって感じなんでしょうねぇ。

最初はあんまり深く考えてなくて、
方言=標準語の語尾とか言い方を変えたものくらいの認識だったんですが、
知れば知るほど言葉の定義の境界線まで曖昧になっていく感覚があって、
これは見知った文字を使っているだけの外国語みたいなもんだと思いました。
例えば、「Study」「Learn」って単語は日本語だとどっちも「勉強する」みたいに
訳されるんですが、本来はニュアンスが違うまったく別物の単語です。
というような、言葉の定義が1対1で対応しないこともあるのがわかったり。
言語というのは深いものです。

というわけで関西弁の話に終始しましたが、
『月刊群雛』2015年05月号は4/28発売です!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。