スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

方 と オノマトペ

昨日「」を開くかどうかみたいな話をブログに書いたんですが、
某所で「方」も迷うと書かれていたので「方」について考えてみます。

というか、結論書くと、実は「方」では迷ったことないんですよね自分。
基本的には開いてないです、「方」は。

「方」で迷うパターンっていうのは多分、
「この方がいい」、みたいな「ほう」と読む場合かと思いますが、
自分はこのパターンもひっくるめて漢字で閉じてますね。
あとはなんだろう。「あちらの方」「考え方」みたいな
「かた」って読む場合ですかね。

ちなみにおなじみの『記者ハンドブック』だと、
上記どっちも漢字が推奨になってます。

記者ハンドブックはKindle版無いんだと思ったけど、
まぁこれは紙でもっとくべき本だよな。


そういや、前述の「何」は迷いどころなんですが、
最近は擬態語・擬音語をひらがなにするかカタカナにするかでもよく迷います。
全体的に自分は文章中のひらがなの割合が高いので、
ひらがなが続きがちだからという理由で迷った末カタカナにすることも多いんですが。

メガネをくいっとする
ぴょんぴょん跳ねる
じんじんする

とか悩ましいですね。結局作品と文章の雰囲気で決めて統一してます。
そういやどこかで「擬音語はカタカナ、擬態語はひらがな」なんて話も
小耳に挟みましたが、『記者ハンドブック』ではそこまで厳密に言及してませんね。
探してたらこんな記事も見つけました。
「擬態語はひらがな、擬音語はカタカナ」教育の功罪

まぁ個人的には、なんにしろ統一されてりゃ
ある程度は見た目キレイになるよねって思ってますけども。
というような本がこちら↓になります。よかったらどうぞ!
(最後は宣伝)

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。