スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

石崎洋司「黒魔女さんの小説教室」感想

ちょっと前に読み終わった本です。

石崎洋司先生の、黒魔女さんシリーズのキャラと一緒に、
小説のイロハを学ぼう!的な一冊になります。

ざっくり紹介すると、トップシーンの書き方、キャラの立て方、
文章について、アイディアの話などなどが、
キャラの会話と小学生による応募作によって説明されています。
例文に使われてる小学生の応募作が確かにレベル高いというかよくできてて、
中学生の頃の自分こんなにかけなかったよなーとか思いました。

小中学生向けというだけあって、非常にわかりやすくかみくだいて説明してあります。
具体例が豊富なので非常に理解しやすい。
先日の藤井太洋さんのセミナーで訊いた話ともかなりかぶってる部分がありました。
最初に5W1Hの梗概を考えるとか。電書版で読んだのでハイライトしまくりました。
しごく当たり前のことがたくさん書いてあるんですが、
ここに書いてあること全部を常に意識して自分は書けてるかというと微妙で、
多分意識してちゃんと書けたらいいもの書けるんだろうなぁと思いました。

最後の石崎先生の言葉が印象的だったのでちょっと引用します。
「読者のことは考えない」という作家は、かなり多い。「読者の期待に自分をあわせるのはいやだ。自分の書きたいものを書くために作家になったのだ。」という声は、特に、大人向けの小説を書く作家では、多数派かもしれない。
 ぼくはちがう。大人の自分が小学生や中学生に向けて書くのだから、書き方は考えなくちゃいけないと思うし、読者の期待にも、ぜひこたえたいとも思う。

石崎先生の本は何冊か読んだことあるんですが、なるほどなぁと。
この本でも「読者のことを考える」というような記述がよく出てきてたんですが、
あとがきを読んでなんか色々腑に落ちました。

小中学生向けの本ではあるのですが、
小説指南書の類いのなかでは非常にわかりやすくて実践的だと思いました。
小説の書き方、みたいな本を読みまくってた時期があるんですが、
抽象的だったり精神論だったりであまり身にならないものも多かったので。
あと、この本読んだあとに、楽しく楽しい小説を書きたい気分にもなったのが、
すごくよかったです。読んだあとに書きたくなくなる種類の指南書も多いのですよ。

そんなこんなで、オススメの一冊です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

晴海まどか

Author:晴海まどか
戦う文章クリエイター。書く方の活字中毒。
impress QuickBooksより以下発売中。
●「明日が雨でも晴れでも」(ライブドアブログ・impress QuickBooks主催「ライトなラノベコンテスト」特別賞受賞)
●「髪の毛探偵 石神くん」シリーズ

電子書籍で個人出版もやってます。日本独立作家同盟にて『月刊群雛』にも作品や編集で参加中。

【生息地】
主に東京23区。でも千葉にも年中出没。

【好きなもの】
椎名林檎/東京事変/ムーミン/ドラえもん/怪盗キッド

【アクセス方法】
ツイッター(@harumima)かブログのメールフォーム経由でお願いします。

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
カテゴリ
最新コメント
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
検索フォーム
リンク
訪問者
QRコード
QR
harumiの最近読んだ本
日本独立作家同盟ロゴマーク40×40背景透明日本独立作家同盟
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。